埼玉県の地域色あふれた安心・安全な農畜産物、こだわりの逸品等を一堂に集めたオンライン商談会! 2023年10月2日(月)~11月24日(金)開催!

JAグループさいたま農畜産物商談会2023

会期

2023年
10/211/24
本商談会は終了しました。

JAグループさいたま農畜産物商談会2023

会期

2023年 10/211/24
本商談会は終了しました。

出展者情報

JA埼玉中央 JA 44

出展カテゴリー

  • 農産品
  • 米・穀物

商談希望先

  • 生協
  • 食品関連のその他小売
  • 外食
  • ホテル・ブライダル
  • 給食
  • 惣菜・弁当・中食
  • 食品製造・加工
  • スーパー

イチオシ商品

米穀
商品分類
米・穀物/米、穀物
温度帯
常温
用途区分
業務用/小売用
米穀

管内全域で生産されている米穀です。各地域の特色を活かした米の生産が行われています。江戸時代、お蔵米として川越藩の台所を賄っていた由緒あるお米です。おいしいお米のふるさとで丹精込めて育てたお米をぜひ一度ご賞味下さい。

利用シーン

日本人の主食であるお米。パック類、冷凍などの種類も増えてきましたが、やはりお米は炊き立てが一番です。

商品資料ダウンロード

米穀


その他商品

いちご
商品分類
農産品/果物
温度帯
冷蔵
用途区分
業務用/小売用
いちご

埼玉県内で有数の苺の産地「吉見町産」「川島町産」が管内にあります。「とちおとめ」は、管内の直売所で販売しています。

利用シーン

そのまま食べてもアレンジしてもおいしいいちご。ケーキやタルト等の具材としても人気ですが、新鮮な苺は生食が一番。

埼玉県の伝統野菜「のらぼう菜」「埼玉青大丸なす」
商品分類
農産品/野菜
温度帯
常温
用途区分
業務用/小売用
埼玉県の伝統野菜「のらぼう菜」「埼玉青大丸なす」

自然豊かな環境のもと、大切に育てられてきた伝統野菜。部会員が栽培する「のらぼう菜」を「比企のらぼう菜」と呼びブランド化に取り組んでいます。

利用シーン

「のらぼう菜」:甘みのある茎とクセのない味が特徴で、灰汁が少なく油との相性も良いので「おひたし」や「炒めもの」「和え物」のほか、「天ぷら」や「お味噌汁」お楽しみいただけます。「埼玉丸大青なす」:青なすとも呼ばれ、果実は大きく巾着型をしているのが特徴です。加熱すると果肉がやわらかく、焼きなすがお勧め。

商品資料ダウンロード

埼玉青大丸なす

出展者紹介

JA埼玉中央
JA 埼玉中央は、名前のとおり埼玉県の中央に位置し、平坦地域、丘陵地域、山添地域の3つの地域に大別され地域の特性・環境を活かした様々な農産物が生産されています。
JA埼玉中央
所在地 〒355-0011
埼玉県東松山市加美町1-20

出展者一覧へ戻る

ホームに戻る